世界一長いトンネル

青函トンネルは、長さ53.85kmもある長いトンネルです。


龍飛岬から津軽海峡を眺めると、北海道はかすかにしか見えません。

よくぞ掘ったものだと感心します。 海底トンネルなので、異常出水等工事は凄まじい困難の連続でした。 山のトンネルなら水がなくなれば止まりますが、海底トンネルでは何とかしないと水没していまします。

建設した人々の苦労は、映画にもなっています。(高倉健主演「海峡」)

「絶対に造る」という、 技術者らの執念で実現しました。

 

竜飛岬より、渡島半島を望む。
北海道は、かすかにしか見えません

この海の下にトンネルがあるなんで、信じられますか?。

青函トンネルの海底部分を走行中、列車最後部で見ていると、トンネルがカーブしていることに気づくと思います。
なぜ、カーブがあるの?」そう思った人は鋭いです。
それは掘りやすい地質の場所を選んで掘ったからです。
トンネル中心部は蛍光灯の色が青くなっています。そして、今まで下り坂だったのが、上り坂にかわります。

快速「海峡」の車内にあった、トンネル内の現在位置を示す表示板。
現在は、「海峡」は廃止となました。

特急「スーパー白鳥」では、これとは違いますが、位置を示す表示が出ます。

海底駅で降りると、ホームから避難路への通路が下り坂になっています。外国から見学に来た技術者は「日本人はこんなことまで考えているのか」と感動します。 煙は上へ流れます。火災時に、少しでも煙から速く逃げられるように、そうなっているのです。

吉岡海底駅。


避難路は下り坂。
 

明石海峡大橋

全長3911mの世界一長い吊り橋です。

 

黄昏時に。

神戸市側から。

対岸は淡路島です。


 

夜はライトアップ。

 

瀬戸大橋

これは、ちょっと不明確な世界一です。9.4Kmに及ぶ、連続する併用橋として世界一ですから。でも、敢えて入れました。橋からの景色が素晴らしいですから。

6本の橋があります。(岡山県側から)
下津井瀬戸大橋(吊り橋 1446m)
櫃石島橋(トラス斜張橋790m)
岩黒島橋(トラス斜張橋790m)
与島橋(トラス橋876m)
北備讃瀬戸大橋(吊り橋1610m)
南備讃瀬戸大橋(吊り橋1723m)


岡山(本州)側から最初の橋、下津井瀬戸大橋。
下津井瀬戸大橋からの眺め。

岩黒島橋


与島より

上段が高速道路。下段が鉄道です。

与島

与島
 

瀬戸内海の眺めはとても良いです。
列車はゆっくり走ってくれますが、これは観光客のためのサービスだけでなく、騒音対策でもあります。



北備讃瀬戸大橋

与島より
北備讃瀬戸大橋と南備讃瀬戸大橋を渡り、振り返った景色です。


海中にしっかり土台が造ってあります。
見えている部分は、ほんの一部です。




阿蘇山のカルデラ

世界最大のカルデラを形成する、阿蘇山。
外輪山が周囲128Kmにわたって連なります。


阿蘇の外輪山を越えると、内側は急に平地になります。

阿蘇では外輪山の内側に人も住んでいます。

中腹より外輪山を望む。

草千里から望む、噴煙をあげる中岳。

噴煙をあげる阿蘇山火口。


落差世界一のジェットコースター
三重県の長島スパランドのスチールドラゴンです。

最高部97mから、落下角度68度で一気に落下。最高速度153Km/h。

セントレア(中部国際空港)からも、かすかに見えます。

観覧車より高い・・。
そびえ立ちます。
 
 
 
あなたは、乗れますか・・?。

強風時は、運休になります。ご注意下さい。