名阪 近鉄 直通急行


名古屋から大阪(上本町)まで、直通する近鉄急行。
これは、安く旅行したい人には、いいですね。

時刻表には、乗っていません。


名古屋から中川へ、その後折り返し、大阪上本町行になります。

事実上、直通。


運賃は急行だと乗車券のみ。
2,360円(平成27年4月時点)


早朝の近鉄名古屋駅。

6:31発の伊勢中川行き。

この列車は、そのまま伊勢中川で、上本町行になります。

つまり、事実上、大阪上本町行き!


(5:50発の 伊勢中川行も同様です)



この車両にはお手洗いも付いています。


車内の案内でも、事実上直通と言います。



1分前に出る、大阪難波行き特急。

しかし、あの特急と1時間は差がつきません。

意外と速い。

そもそも、近鉄特急は新幹線より安い。

大阪−名古屋 新幹線は 6,560円(のぞみ 指定席 通常期)

近鉄特急は 4,260円
(平成27年4月時点)


今回は、もっと安く行こうという試みです。
しかも、直通。


中川に到着。

進行方向が変わります。
この列車が、そのまま上本町行になります。
実質、直通。

だから、乗り換え不要。

ここまで、特急の待避なし。一度も、特急に追い抜かれていません。

短絡線を特急が行きます。

停車中に、2本の特急が、短絡線で先に大阪へ向かいます。

1本は、津発の特急。
もう1本は、名古屋7時発。
名古屋−大阪の特急は短絡線を行きます。

 

上本町に到着。

ついに着きました。

先頭車の形式が違うのは、名張で前に2両増結したから。

行先は、既に折り返しの「榛原行き準急」になっています。

 

ちょっと専門的な事を書きます。
この先頭車はVVVF車(1230系)。
名古屋からの4両は違います(2610系)。いわゆる抵抗制御車。

私は、中川から先頭車に乗車。名張で、前に2両つないだんですが、そうしたら前の方から、ヒュー、ヒューっと、VVVF独特の音が・・。

そうなんですよ。近鉄は、抵抗制御車とVVVF車を連結します。

取材日 平成27年 4月11日


中川の短絡線を行く特急からの、撮影です。


戻る
トップページへ