面倒を楽しむ


 

 

 

より速く、より便利に。

しかし、そうなる事によって失うものもあります。

 





バス停で路線バスを待っているときの、地元の人との触れ合い。これは、自動車などで効率良く観光地を回っていては味わえない、旅の楽しみです。

乗り換えの手間や時間待ちは、旅において無駄なものでない気がします。

 









プランを自分で練ると、旅が2倍楽しめます。

本数の少ない路線バスをつなげたりして、苦労して行程を完成させると、格別な満足感があります。

現地情報の入手やプラン作成など、面倒を楽しむ。
そんなスタイルの旅も、楽しいと思います。

   

旅のプラン作成には、ガイドブックなどからの情報収集が必要です。
でも、それはほどほどがよいでしょう。

情報が過剰になり、先入感を持ちすぎたり、見聞きしたことを確認しに行くような旅にするのは、どうでしょうか?。

 

なぜか、旅行の印象深さは、その当時の楽しさと比例しません。

さんざん歩き回ったりして苦しい思いをした旅行ほど、不思議と印象深いものです。