クルマでの旅行は、手軽さ、機動性が魅力です。荷物が多くても便利。
でも、事故には十分注意が必要。


北陸自動車道

生駒トンネル


道東にて。

夜の雪道を行く。
積雪で視界不良。

こういう時、大切なのは速度を落とすこと。

糠平付近(北海道)

十勝にて

広々とした風景を行く。

 

 

やまなみハイウエイ(大分県〜熊本県)



海を見ながらのドライブはいいですね。
ここは、もっとも海が近い「道」です。



波打ち際を行きます。

普通なら、ずぼずぼっとタイヤが砂に沈みますが、ここは大丈夫。


 

こんなところでも、脱出不可能にはなりません。

 

 

 

千里浜渚ドライブウエイ(石川県)



つい童心にかえって、渚を駆けてみたくなりました。

ただし、普通の砂浜は、海亀の産卵地になっていたりするので、四輪駆動車で走るのは止めましょう。



遠隔地で、交通機関のない場所や、あってもきわめて不便な場所だと、レンタカーで旅することもよくあります。

滞在時間も思うまま。



オホーツク海沿い

雪道を走る。

ずっと、前だけ見ていたい・・。

 


除雪車とすれ違い。



真っ白な風景の中、真っ白の道。

 

サロベツ原野


白一色のサロベツ原野。

誰もいません。
とても静かでした。


利尻富士は、雲がかかっていました。

 

あの時の気持ちがよみがえる・・。

 

 


最果ての海。

 

風がつめたい。

でも、好奇心はそれに負けない。


国後島が見えます。

 

吹雪の中を過酷なドライブ。


札幌市郊外
真っ白で視界不良。


厚田村
海沿いで休息。

 


小平町
街を通過。

吹雪の中を行く。

除雪車を追い抜く。


豊富町

夕刻。
最果ての地はもう少し。

残念ながら、利尻島は見えない。




宗谷岬付近
最果ての地に到着。

 

 

遠ざかる景色、近づいてくる景色。


サロベツ原野(豊富町)
目的地は、はるか彼方です。


サロベツ原野(豊富町)
走って来た道を、振り返る。

海側から、凄まじい強風。

防風柵があっても、車体が大きく揺れました。
路上の雪も吹き飛ぶ。


なかなか厳しい、冬の北海道の長距離ドライブでした。



こうすれば上手く行くだろう。
でも、こうしてみたい。失敗する危険を冒しても・・。
そんな選択もたまにします。





クルマだと、坂も何でもないです。

しかし、徒歩や自転車だと坂はきついです。
クルマばかり乗っていると、そんな当たり前の事も忘れがちです。



遠い所を徒歩や自転車で行くと、電車やバスはすごく楽に感じます。
クルマばかり乗っていると、電車やバスは、荷物持たないといけないし、乗り換えや階段などもあり面倒・・となります。

ドライブは好きですが、なるべくクルマには乗らないよう努めています。