プレミアム昼特急                        (投稿者: ちゃ  旅行時期:平成18年10月)


数ある首都圏〜関西間の移動手段の中で、今回はプレミアム昼特急号を選択しました。
夜行高速バスの旅で紹介されている、プレミアムドリーム号の昼間版です。

乗車するのは、プレミアム昼特急81
号。
週末と繁忙期のみ運行され、過去に通常車両で運行されてた、浜名湖サービスエリアで45分間休憩する東海道昼特急ゆったり号を踏襲したダイヤで運行されます。
東京駅八重洲口にある乗り場にて乗車改札を済ませ、車内に荷物を置いてから乗務員とお話ししたところ、定員34名のところ予約は10名。
「1時間前に出た昼特急は、ほぼ満席だったのですけどね」とのこと。
当日は東名高速集中工事期間の中の工事休止日で、プレミアム昼特急は工事日は運休対象となっているため、通常通り運行される工事休止日でも、運休と勘違いされた方が多いのではとの分析でした。

定刻の10時10分に7名で出発。
残りの3名は浜松北からの乗車だそうです。
西日本JRバスの車両で運行され、2階建て車両のうち、2階の30席はスーパーシートとなっており、睡眠し易いよう改良された座席が並んでいます。
私が乗車した1階はプレミアムシートとなっており、通常車両は8〜12席ですが、この車両はフラットな体勢で睡眠できる大型座席が4席のみ並んでいます。

ワンセグ対応の液晶テレビでは、運行案内がされる他、通常のテレビ番組を見ることができます。
座り心地は最高で、出発して間もなく眠くなるくらいでした。


東京料金所に近い東名向ヶ丘、東名江田、東名大和、東名厚木とも乗車はなく、定刻まで時間調整停車するのみでした。

ウトウトしているうちに足柄サービスエリアに到着。20分の休憩です。
普段は駐車場が混み合っているため、売店等のある本館とは離れたお手洗いのみ設置の場所に停車しますが、この日は本館前に停車しました。

ブラブラしてからバスに戻ると、隣に東京駅を10分後に出発した西日本JRバス車両の東海道昼特急京都1号が停車していました。
あちらは6割方乗車していました。

足柄サービスエリア
 

足柄サービスエリアを定刻に出発。東名御殿場、東名富士とも乗車はなく、眠っていたため東名静岡の停車は気付きませんでした。

最後の乗車停留所となる東名浜松北では乗車予定がありましたが、定刻まで待ったものの誰も来ず、2階6名、1階1名が確定しました。
間もなく浜名湖サービスエリアに到着。マイクが故障したとのことで乗務員が出発時間を告げに車内を回りました。

上下線集約のサービスエリアなので、レストラン等は混雑気味です。
上り線の駐車場に目をやると、大阪発東京行のプレミアム昼特急82号が停車していました。

レストランでの食事時に、乗車改札で渡された優待券を使用し飲み物が無料となりました。
食事をしても時間には余裕があったのでウロウロしていると、足柄で並んだ京都行が先に出発していきました。


浜名湖サービスエリア


程なくして、東京駅を50分後に出発したJR東海バス車両の名古屋行の東名スーパーライナーが隣に停車しました。


浜名湖サービスエリアを定刻に出発。すぐの三ヶ日インターチェンジで一旦高速を降り、インターチェンジそばの駐車場にて、乗務員がJRバス関東から西日本JRバスへ交代となります。
交代乗務員が軽く点検をしてから出発。三ヶ日インターチェンジから再び高速道路に乗ります。
道中はいたって順調で、快適な座席でしばらくウトウトしていました。


養老サービスエリア
養老サービスエリアにて約20分間の休憩です。
ブラブラしていると、横浜駅を10時30分に出発した、西日本JRバス車両の横浜昼特急大阪1号が隣に停車しました。
あちらはほぼ満席のようでした。

横浜昼特急大阪号は西日本JRバス1社で運行されており、同区間の夜行便の共同運行会社がJRバスではないため乗務員2名で運行され、車両前方に仮眠用のベットが設置されていました。


養老サービスエリアを出発。
その先も順調で、滋賀県に入ったあたりから辺りが暗くなり、面白いテレビ番組も無く更に眠気が増してきました。

降車準備をするうちに「間もなく京都深草」の案内があり、降車ボタンを押しました。快適なので、このまま大阪までと考えてるうちに京都深草に到着。乗務員に乗車券を渡して下車しました。
定刻では18時2分着ですが、間に合いそうにないので予定から外していた、少し離れた停留所での18時4分発の京都駅行京都市営バスにかなりの余裕で間に合いました。10分程度早着したようです。


首都圏〜関西間には、航空便も、新幹線も、夜行列車も、夜行バスもありますが、時間に余裕があれば昼間にゆったりバス旅もいいかなと思います。
バス嫌いな方でも快適な旅行ができるかと思います。
また、よく夜行バスでは全然眠れないというお話しを聞きますが、この座席であれば快適に眠れるかと思います。
4席しかありませんので、早めの予約をお勧めします。

西日本JRバスでは、プレミアムシートが好評なので全席プレミアムシート車両の導入も検討しているとのことです。